2014年2月15日土曜日

No1 - No10

Start:霊山寺(No1)
Goal:いやしの舎(鴨島)
  • 霊山寺(No01)/極楽寺(No02)
  • 金泉寺(No03)/大日寺(No04)
  • 地蔵寺(No05)/安楽寺(No06)
  • 十楽寺(No07)/熊谷寺(No08)
  • 法輪寺(No09)/切幡寺(No10)

標高


Google mapで 01-10 を表示

この区間は概ね平坦で、朝から回り始めるのであれば、藤井寺(No11)まで打つことが出来るだろう。また、この区間は交通量が多く、アップダウンも多いので走りづらい。

霊山寺は一番札所なので混雑している事も多い。平日からお遍路を開始すると、多少は静かなのでゆったりと打ち始める事ができる。それと、ここで販売している納経帳は黒書・ご朱印済みの物なので、すこし残念だ。 ちなみに、これから団体遍路と参拝のタイミングが重なることが多々あると思う。納経所で待たされたり、ガヤガヤと煩い事も多いと思うが、修行だと考え平常心を保つ様にしよう。

霊山寺の奥の院である大麻比古神社は、風情のある大きな神社だ。近くにあるので立ち寄ることをお勧めする。更に余裕があれば、神社の背後にある大麻山(往復4~5時間)に登り、山頂の社に御参りするのも良い。それと、切幡寺(No10)には333段の石段があるので、時間に余裕を持って望もう。


▽▽▽▽▽▽ ドミトリー ▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【お四国ゲストハウス】
  • 2,000円、シャワー・洗濯無料、台所(電気コンロ)利用可能
  • 所謂海外のバックパッカー向けの宿と同じ


▽▽▽▽▽▽ 野宿 ▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【ドイツ村公園】
  • 野宿遍路には有名な公園
  • 大きな東屋があり、雨宿りできるが、中は汚い
  • 側に団地があり、私的にはあまり野宿したくない場所である
  • 近くの道の駅も野宿には向かない



【歴史文化公園の側の公園】
  • 金泉寺から約2.5km。
  • 板野町にある公園で、金泉寺と大日寺の中間にある。回りには何も無いので買出しが必要だ。近くに銭湯は無い。側の施設が閉まるのを待つ必要がある。トイレは側の駐車場にある。
弥生式住居がある

【板野町田園パーク】
  • 金泉寺から約2km。
  • 歴史文化公園とは逆の方向(南)にある公園だがGoogleMapではヒットしない。板野町 健康の館の隣にある。2014年に調査してみると、中々良さそうである。
  • 桜並木の川沿いにあるので、桜の季節は花見で賑やかかも知れない。
トイレと水場

東屋も幾つかある

【鴨島公園】
  • 藤井寺から約5km
  • 桜が咲く季節は、夜桜見物客が多いので野宿不可
  • 側に住戸があるので、暗くなってからテント設営のこと、トイレあり、芝地無し
  • 後述の「いやしの舎」がお勧め



【いやしの舎】
  • 藤井寺から約4.5km。
  • 吉野川を渡り、川沿いに県道122号を500mほど進むと、土手の左下手に東屋がある。トイレ隣接。東屋は少し狭いが、横の芝地でテント可だ。温泉(鴨の湯)まで約2km。
いやしの舎

【マリンピア北緑地】
  • 東京行きフェリー港から約9km。
  • 海沿いの公園、近くにコンビニ有り。


本投稿の最初へ移動

2014年2月13日木曜日

No11 - No19

Start:いやしの舎(鴨島)
Goal:前川キャンプ場(勝浦)
  • 藤井寺(No11)/焼山寺(No12)
  • 大日寺(No13)常楽寺(No14)
  • 国分寺(No15)/観音寺(No16)
  • 井戸寺(No17)/恩山寺(No18)
  • 立江寺(No19)

標高


Googlemapで 11-19 を表示


この区間には、ちょっと手ごわい焼山寺(No12)があり、ルートとして次の二つがある。
  • 「新童学寺トンネル」経由(下図の青線、県道20号) 19km
  • 「梨ノ木峠」経由(下図の赤線、県道31号) 13.3km
前者のルートは新童学寺トンネル手前の登り以外は、楽で長閑な川沿いのルート、後者のルートは約6km短いがより厳しいルートである。 

焼山寺ルート案

新童学寺トンネル経由

梨ノ木峠経由

川沿いの県道20号

焼山寺の車道は路面状態も良いので、麓に荷物を置いて自転車で登っても良いし、最初の本格的な遍路道を歩いても良い。遍路道は整備された登山道といった感じで、徒歩で1時間30分くらいである。焼山寺の上に奥の院がある。余裕があれば登ってみるのも良いが、見晴らしはあまり良くない。誰も居ないと思うので大声で般若心経の練習が出来る。

奥の院、蔵王大権現

自転車旅行も2日目、疲れもピークなので野宿に拘らず焼山寺の麓で宿に泊まるのも良いかも知れない。次回は、歩きお遍路に推薦された「すだち館」(4,000円くらい、3食付き)に泊まる予定である。ここに荷物を置いて、身軽になって焼山寺を自転車で登ろうと思う。

すだち館 徳島県名西郡神山町下分字鍋岩180 電話番号 088-677-1180

徳島に戻り、隣接している大日寺(No13)~井戸寺(No17)を打つが、中には貧相なお寺もあるので失望しないようにしよう。

恩山寺に向うとき、昔の遍路道(地蔵院池緑地)のルートを通っては駄目である。眉山を越える道で坂がかなり厳しい。恩山寺は小高い丘の上にあるので、麓から歩いた方が良い。

立江寺(No19)の後、勝浦に向う途中に奥の院の取星寺があるが、あまりパッとしないので通り過ぎても良いかも知れない。(ここも、歩いて登った方が良い)

取星寺への登口


▽▽▽▽▽▽ 野宿 ▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【いやしの舎】
  • 藤井寺から約4.5km。
  • 吉野川を渡り、川沿いに県道122号を500mほど進むと、土手の左下手に東屋がある。トイレ隣接。東屋は少し狭いが、横の芝地でテント可だ。温泉(鴨の湯)まで約2km。

いやしの舎

【神山ふれあい公園】
  • 焼山寺から約11km
  • 疲れてしまって、徳島市内に戻る気力が無いときに使える。温泉(神山温泉)が隣にある。

桜の季節は人が多いかも?

【阿波史跡公園】
  • 国分寺から約1km
  • とても大きな公園で、少し高台にある。人通りが多いので目立たない処で野宿すること。雨の日は竪穴式住居の中で寝れるかも?

植込みの陰で野宿

【勝浦町・前川キャンプ場】
  • 立江寺から約13km
  • 交番を過ぎて県道16号の橋を渡りすぐ左折する。無料。キャンプ場の高台にある民家で記帳を行う。勝浦郵便局の近く(約1km)に温泉(喜楽の湯)がある。橋を渡り、少し進むとスーパーがある。
  • ここは芝地ではなく土なのが残念だ。それと、水はけが悪いので、天気が悪いときの設営場所は要注意だ。
  • 炊事棟で地元の人がバーベキューをするときがある。土日は炊事棟の側の設営しないこと。
右の民家で記帳



本投稿の最初へ移動


2014年2月9日日曜日

No24 - No32

Start:シレスト室戸(温泉)
Goal:種崎千松キャンプ場
  • 最御崎寺(No24)/津照寺(No25)
  • 金剛福寺(No26)/神峯寺(No27)
  • 大日寺(No28)/国分寺(No29)
  • 善楽寺(No30)/竹林寺(No31)
  • 禅師峰寺(No32)

標高


Googlemapで 24-32 を表示

最初の最御崎寺(No24)は室戸岬の上、趣のある良い寺である。NHKの除夜の鐘のロケ地にも何回か使われている。岬を回った処に車道があり、急坂(10%近い)なので荷物を麓に置いて登ると良いだろう。遍路道を歩いても良い。

車道

金剛頂寺は西寺とも呼ばれている。対する東寺は最御崎寺で、2つの寺の間を修行で歩いていたた為に西寺と東寺という名前になったのである。ちなみに、ここは何とか登れる傾斜だと思う。

車道

普通の札所が続いていたが、神峯寺(No27)は難所である。距離と標高、両方ともハードだ。 道なりに向うと、下図のより困難なルート(赤点線)を進んでしまうので、「唐浜駅」経由の広域農道(青点線)を通るのが良い。

でも、広域農道の傾斜も半端じゃない。重装備だとジグザク走行で何とか登れる坂なのだ。その分、登りきったときの達成感がある。足を着かないで登りきったら雄叫びをあげよう。無理をしたくないときは、麓に荷物を置いて登れば良い。(これが正解かも?)

両方とも途中で合流する。その後、とても急な激坂になるので、道端に自転車を置き歩いて登るのが良いだろう。自転車を押して登っても良いが、急な下りなので危険である。ここは、杖(ポール)が必要だと思う。お寺の200m程先に展望台がある。余裕があれば登ってみよう。

神峯寺のアクセス

広域農道経由の標高

安芸の手前の大山岬の近くに浜千鳥公園がある。『波動』という名の東屋や漫画家「はらたいら」が描いた碑がある。そして、近くの岩屋カフェや大山岬も見ておきたいところである。大雨のとき、岩屋で雨宿りできるかも知れない。

浜千鳥公園

安芸漁港からはサイクリングロードを走ると良い。全長は約15km、土佐くろしろ鉄道の「あかおか駅」まで続いている。途中の砂浜で素晴しい景色を観ることが出来るだろう。

琴ヶ浜にて

大日寺(No28)→国分寺(No29)へのルートは遍路道を走った方が距離は短いが、途中で自転車が通れない場所もあり、そうすると非常に迷いやすい。県道364号まで戻り、土佐くろしお鉄道沿いに走った方が良いと思う。

昔、善楽寺(No30)は「土佐神社」の別当寺であったが、明治時代の神仏分離令(約8ヶ月間)で分離した。神社の境内へ続く長い参道が立派である。ここは土佐神社の方が有名だ。

竹林寺(No31)も趣のあるお寺だ。道なりに向うと、下図の赤点線のルートで登ってしまうことがあるが、青点線のルートで登った方が傾斜が楽である。途中の五台山公園から眺める高知市の夜景は綺麗らしい。次の禅師峰寺(No32)までは約5km。下田川を渡り県道376(バイパス)に合流し、トンネル(歩道あり)を通ってから県道14号を左折するルートの方が起伏が少ない。

竹林寺
展望台は見晴らしが良い
竹林寺へのルートだが、五台山経由でも結構辛いものがあった。次回は、五台山小学校付近に自転車を置き、下りの遍路道を歩いて登るつもりである。

下りの遍路道

▽▽▽▽▽▽ 野宿 ▽▽▽▽▽▽▽▽▽


室戸岬の手前

【高岡漁港ふれあい公園】
  • 最御崎寺遍路道の入口まで約2.5km
  • 室戸岬の手前、アクアファームの裏手の公園だ。入口が判りづらい。
  • 天気が良ければ、朝日を鑑賞できる
トイレ、水場あり


公園の朝

深層水公園
  • 最御崎寺遍路道の入口まで約1.5km
  • シレスト室戸(温泉)の隣にある市の公園。隣に温泉380円がある。少し落ち着かない。温泉で食事ができる。近くには何も店が無いので、買出しは約16km手前の佐喜浜町のコンビニだ。(遠い!)
シレスト室戸(温泉)


茂みの陰で野宿

【カリヨン広場横の公園】
  • 神峯寺から約15km。
  • 近くにコンビニあり。
  • 近く(1.5km)に「安芸市健康ふれあいセンター・元気館」(温泉・360円)があるが、港町の為か入浴者の方言が荒い。刺青のヤクザも利用していた。
静かな環境

【琴ケ浜休憩所】
  • 神峯寺から約25km。
  • サイクリングロード沿いの公園。銭湯は無いが、国道沿いにスーパーとコインランドリー、直売所がある。
琴ヶ浜休憩所の東屋

【県立月見山こどもの森キャンプ場】
  • 大日寺まで約8km
  • 無料、買出しは近くのローソン。風呂は遠い。



【種崎千松公園のキャンプ場】
  • 禅師峰寺から約6km
  • 無料、近くにスーパー。海岸。風呂は遠い。

種崎千松キャンプ場


本投稿の最初へ移動


2014年2月5日水曜日

No33 - No37

Start:種崎千松公園キャンプ場
Goal:道の駅 四万十大正(リバーパーク轟キャンプ場)
  • 雪蹊寺(No33)/種間寺(No34)
  • 清滝寺(No34)/青龍寺(No34)
  • 岩本寺(No34)

標高


Googlemapで 33-37 を表示

渡し船に乗って浦戸湾を渡ろう。この渡し舟は「県道」なので無料!だ。朝は運行間隔が短いが、9時を過ぎると本数が少なくなる。

渡し船の時刻表

こんな様子で対岸へ到着


清滝寺の登りは少しやっかいだ。距離は1km程だが津野神社を過ぎた辺から10%を越える傾斜になる。自転車を置いて歩いた方が良いだろう。

35番 清滝寺

次の青龍寺へは県道39号を通るのが普通だか、塚地坂トンネル(約840m)があるし坂がある(標高約50m)ので、仁淀川沿いを通り海に出るのも面白いかも知れない。県道23号に出た後は、宇佐大橋を渡るのだが、これが中々スリリングだ。

青龍寺には「波切り不動」という奥の院がある。歩いて30分くらいの山の上にある。見晴らしはあまり良くないが雰囲気は良い。

地図

奥の院

青龍寺を打った後、道を引き返し県道23号で須崎市を目指す人が多いが、横浪黒潮ライン(県道47号)を走ってみるのも良い。距離は殆ど同じでアップダウンが厳しいが景色が良い。道の終わりの方にはドラゴンカヌーの立派な競技場がある。

横浪黒潮ライン
綺麗なリアス式海岸
ドラゴンカヌー

須崎から土佐久礼のルートでお勧めなのでは、「県道320号久礼須崎線」である。横浪黒潮ラインはアップダウンが多く閉口してしまうが、このルートは海沿いの断崖絶壁を走る平坦路である。

岩崩れが多発しているが、風光明媚だ
土佐久礼を過ぎると七子峠への登りが始まる。七子峠は標高300m、距離は約6kmで傾斜は4.8%くらいなので、そんなに辛くない。いつの間にか登りが始り、頑張っている間に峠の頂上に着く。峠には食事処もある。(木曜日は定休日)

岩本寺は四万十町の町内にあるお寺で、外観は遥々来た甲斐の無いお寺であるが、本堂の天井にある絵は一見の価値がある。忘れないで見ることにしよう。

天井の絵

この後は国道56号を走り、遥か遠くの足摺岬を目指す訳だが、自転車であれば四万十川沿いのルートを走るのも良いだろう。悠々と流れる四万十川の沈下橋を渡り、旧道を走るのも一興だ。すこしアップダウンはあるけど。

沈下橋


十川の鯉のぼり、4月末~5月中頃

▽▽▽▽▽▽ 野宿 ▽▽▽▽▽▽▽▽▽


【種崎千松公園キャンプ場】
  • 禅師峰寺から約6km。
  • 近くに銭湯は無いが、広い無料の海沿いのキャンプ場だ。道路(高架)が近いので少し煩い。近くに大型スーパーがある。ここに泊まって、翌日は渡し舟で対岸に渡るのがお勧めだ。

種崎千松公園キャンプ場の朝

【小鎌田の浜キャンプ場】
  • 青龍寺から約36km
  • キャンプ場というより浜辺の草地という表現が適切な小さい無料のキャンプ場。
  • トイレと水シャワーがある。(県道の向かい)
  • 土佐久礼の商店街やスーパーで買出しができる。3km程先に日帰り温泉(黒潮本陣/600円)がある。温泉の側にパークゴルフ場があり、そこの公園でも野宿できるらしい。


【轟公園】
  • 岩本寺から約22km
  • 道の駅 四万十大正の向かいにある郷土資料館の隣(短い急坂を登る)
  • 料金は500円だが、管理人不在。3分100円の温水シャワー。障害トイレはウォシュレット。
  • 道の駅には酒類無し。軽食・売店。苺が美味しかった。
  • 雨のときは野外ステージを利用可能。
  • カラスに注意



本投稿の最初へ移動